JavaScriptを有効にしてください

移転後のブログでGoogle AdSenseに合格した記録

 ·  ☕ 3 min read  ·  ✍️ Helve

はじめに

ブログを移転し、2回目のGoogle AdSense申し込みで合格した記録を残す。
旧ブログからのリダイレクトなし、ドメイン変更という条件で合格したため、似た条件の方の参考になれば幸いである。

ブログの基本情報

移転元のブログ(旧ブログ)は、無料版のはてなブログである。約3年間運営し、76個の記事を作成していた。
移転先(新ブログ)はこのブログ(https://helve-blog.com/)である。
このブログは、Hugoという静的サイトジェネレータで作成している。

ブログ移行の記録

新ブログへの移転からAdSense合格までのタイムラインは以下の通り。

  • ~2020年12月31日:旧ブログの全76記事を新ブログで公開可能なように準備。
  • 2021年1月1日:新ブログを開設し、一気に75記事を公開。旧ブログは移行のお知らせページを残して全記事を削除。
  • 1月2日:AdSenseに申し込み(1回目)。
  • 1月2日~13日:9記事作成。
  • 16日:AdSense審査状況確認フォームから問い合わせ。
  • 17日:不合格通知。
  • 20~23日:2記事作成。
  • 28日:AdSenseに申し込み(2回目)。
  • 30日:合格通知。

審査状況確認フォームについては、以下のページを参考にさせて頂いた。

【参考文付】AdSense審査状況確認フォームから問い合わせする方法|OKILOG

移転時に行った作業

  • 新ブログと旧ブログで記事が重複していると審査に通らないようなので、旧ブログからは記事を削除した。
  • 旧ブログから301リダイレクトを行うとGoogleの検索エンジンにページの移転を通知できるらしいが、はてなブログでは301リダイレクトを設定できないため、行わなかった。
  • 新ブログをSearch ConsoleとGoogle Analyticsに登録した。
  • 新ブログには、お問合せフォームとコメント欄を作成した。
  • 無料のドメインでは審査に通りにくいらしいので、.comドメインとした。
  • 被リンクを獲得するため、人気ブログランキングに登録した。

考察

上記の結果に対して、合格・不合格の理由を考察する。

  • 1回目の審査で不合格通知が来た時点では、旧ブログのページが検索エンジンにインデックされていたため、新ブログの記事が重複コンテンツとみなされ、不合格になったと思われる。
  • 1回目の審査に15日要したのは、重複コンテンツがあるとみなされたか、または記事数が多かったため、審査を後回しにされたと思われる。
  • 2回目のAdSense申し込みで合格した時点でも、旧ブログの記事が検索結果に出ているので、完全にインデックが削除されなくても合格できる。
シェアする
ブログランキングに参加中です。クリックして頂けると励みになります。

Helve
WRITTEN BY
Helve
関西在住、電機メーカ勤務のエンジニア。Twitterで新着記事を配信中です