JavaScriptを有効にしてください

Outlook業務を効率化するショートカット20個

 ·   2 min read

はじめに

業務の効率化に役立つ、Outlookのショートカット20個をカテゴリ別にまとめました。
なお、テキストのコピー (Ctrl + C) のような有名なショートカットは除外し、OfficeやOutlookに特化したショートカットを中心に取り上げています。

メールの作成

操作 ショートカット 覚え方
メールの新規作成 Ctrl + N New
返信する(送信者のみ) Ctrl + R Reply
全員に返信する Ctrl + Shift + R Reply
転送する Ctrl + F Forward
メールを送信する Alt + S / Ctrl + Enter Send

メールを探す

操作 ショートカット 備考
検索ボックスに移動する Ctrl + E / F3 メール画面で
次/前のメール Ctrl + > / Ctrl + < メールを開いた画面で
メールを閉じる Esc / Alt + F4
別のメールフォルダに移動 Ctrl + Y メール画面で
受信トレイに移動 Ctrl + Shift + I
送信トレイに移動 Ctrl + Shift + O

Outlookの画面移動

操作 ショートカット
メール画面に移動 Ctrl + 1
予定表画面に移動 Ctrl + 2
連絡先画面に移動 Ctrl + 3
タスク画面に移動 Ctrl + 4

メール本文の書式設定

操作 ショートカット
選択箇所を標準書式に揃える Ctrl + Space
選択箇所を太字にする Ctrl + B
選択箇所を斜体にする Ctrl + I
選択箇所の文字サイズを拡大 Ctrl + Shift + >
選択箇所の文字サイズを縮小 Ctrl + Shift + <

おわりに

Outlookのショートカット20個をカテゴリ別にまとめました。

ちなみに、Outlookの検索がCtrl + Fでないのは歴史的な経緯があります。1995年にExchange(Microsoftのメールサーバーソフトウェア)のベータテスターを努めていたビル・ゲイツ氏が、それ以前に使用していたメールソフトでCtrl + Fに転送が割り当てられていたため、Exchangeにも同じショートカットを割り当てることを主張したのです。
Why does Outlook map Ctrl+F to Forward instead of Find, like all right-thinking programs - The Old New Thing

参考

また、「アウトルック最速仕事術」という書籍も参考にさせていただきました。
ショートカット以外にも「フォルダ分けをしない」、「会議の開催発信」などのOutlook活用術が記載されています。

シェアする

Helve
WRITTEN BY
Helve
関西在住、電機メーカ勤務のエンジニア。Twitterで新着記事を配信中です

サイト内検索