JavaScriptを有効にしてください

Hugoサイトにお問い合わせフォームを設置する

 ·  ☕ 2 min read  ·  ✍️ Helve

はじめに

Googleフォームを利用して、Hugoで作成したブログにお問合せフォームを埋め込む方法を解説する。さらに、全ページ共通で表示されるフッターからお問合せフォームにアクセスできるようにする。
この記事ではZZoテーマを対象としたため、他のテーマでは適宜読み替えていただきたい。
また、Hugoのバージョンは0.79.0/extendedである。

Googleフォームの作成

Googleフォームを利用するためにはGoogleのアカウントが必要なため、持っていなければ作成する。

次に、以下のページにアクセスし、「パーソナル」を選択する。
Google フォーム - アンケートを作成、分析できる無料サービス

フォームのテンプレートが用意されているが、ここでは一から作るため「空白」を選択する。
空白のフォームで質問項目を追加できる。このサイトでは、以下の質問項目を設定した。

  • 名前
  • メールアドレス
  • 件名
  • 問合せ内容

また、全項目とも入力を必須とした。作成したフォームを画像に示す。

お問合せフォームの例

作成後、右上の「送信」ボタンを押す。送信方法から埋め込み(< >)を選び、埋め込み用のHTMLのiframeタグを取得する。

記事の作成

次に、記事のmarkdownファイルを作成し、本文中にiframeタグを貼り付ける。

また、Hugoのバージョンが0.60以上の場合は、config.tomlファイルの[markup.goldmark.renderer]unsafe = trueとなっているか確認する(ZZoテーマのデフォルトではtrueである)。

1
2
3
4
[markup]
  [markup.goldmark]
    [markup.goldmark.renderer]
      unsafe = true

※テーマによってはconfig.tomlファイルがrootフォルダ直下に配置されている場合もあるので注意。

unsafe = trueとすることによって、markdown中のHTMLコードをそのまま出力してくれる。

フッタにリンクを追加

最後に、フッタに記事へのリンクを追加する。params.tomlを開き、footerLinksnameに表示する文字、linkに記事のURLを貼る。

1
2
3
[[footerLinks]]
  name = "お問い合わせ"
  link = "https://helve-blog.com/posts/manage/contact/"

linkはデプロイ後に記事が表示されるURLとする。

すると、フッタにお問い合わせフォームがある記事へのリンクが表示される。

お問合せフォームへのフッタのリンク

参考

HUGOで構築したサイトの記事にHTMLコードを埋め込んで表示する方法 | Selcial

シェアする
ブログランキングに参加中です。クリックして頂けると励みになります。

Helve
WRITTEN BY
Helve
関西在住、電機メーカ勤務のエンジニア。Twitterで新着記事を配信中です