JavaScriptを有効にしてください

主要な日本メーカ(電機・機械・自動車)の技報リンクまとめ

 ·  ☕ 3 min read  ·  ✍️ Helve

はじめに

主要な日本メーカ(電機・機械・自動車)15社の技報へのリンクをまとめた。

簡単な紹介と、公開開始年度、更新頻度も併せて示す。ただし、「公開開始年度」は調査時現在でWebからアクセス可能な最も古い資料の年度であり、創刊年度やウェブ公開開始年度ではないことに注意されたい。

本記事の情報は2021年3月28日現在のものである。

電気機器

東芝

製品紹介と一般論文を公開している。更新頻度は年6回とかなり高い。

日本電気(NEC)

開発したシステムの紹介がメイン。近年はAIを活用したソリューションも多い。

  • 公開開始年度:2004年
  • 更新頻度:1~3回/年
  • リンク:NEC技報

パナソニック

システムや製造技術など、幅広い技術を公開している。

日立製作所

システムの紹介がメイン。経営層のコメントや大学関係者のインタビューもあり、かなり力を入れている印象がある。

  • 公開開始年度:1950年
  • 更新頻度:6回/年
  • リンク:日立評論

富士電機

製品と要素技術の紹介が半々程度。生活に身近な製品に関する技報も多い。1924年の創刊からの記事を公開している。

三菱電機

論文形式の記事が多い。毎月、分野ごとの特集を組んで公開している。

  • 公開開始年度:1996年
  • 更新頻度:12回/年(毎月)
  • リンク:三菱電機技報

横河電機

プラントの計装に関する記事がメイン。AIの活用事例もある。

  • 公開開始年度:1997年
  • 更新頻度:2回/年
  • リンク:横河技報

機械

IHI

年4回、航空や発電などの分野ごとに特集を組んで公開している。

川崎重工業

年1回、航空や発電、バイクなどの分野ごとに特集を組んで公開している。特許紹介があるのはユニーク。

住友重機械工業

要素技術と製品の紹介が半々程度。製品は建設機械や船など。技報が号ごとに1つのPDFファイルにまとまっており、PDFを開かないと目次が見れないのは少し不便。

三菱重工業

年4回、製品分野ごとに特集を組んで公開している。製品紹介よりも技術論文がやや多い印象。

自動車

デンソー

自動運転や空調など、自動車に関する様々なエレクトロニクス技術を公開している。

日産

  • 公開開始年度:2012年
  • 更新頻度:1~2回/年
  • リンク:

豊田自動織機

新型車の開発、モータ、エンジン、金属加工などの技術を紹介している。

マツダ

新型車の開発、エンジンなどの技術を紹介している。ブレーキフィール、ドアの静粛性など、他社が公開していないと思われる技術もある。

  • 公開開始年度:1983年
  • 更新頻度:1回/年
  • リンク:マツダ技報

雑感

技報を公開していない自動車メーカが意外と多かった。一方で、電気機器メーカでは技報の発行頻度が高い。また、記事では扱わなかったがIT企業ではブログを使って高頻度に情報を発信しており、情報をどの程度オープンにするのか、業界による文化の違いが大きいのかもしれない。

シェアする
ブログランキングに参加中です。クリックして頂けると励みになります。

Helve
WRITTEN BY
Helve
関西在住、電機メーカ勤務のエンジニア。Twitterで新着記事を配信中です