JavaScriptを有効にしてください

Rust製最適化ライブラリOpEnのインストール

 ·   2 min read

はじめに

Rust製の最適化ライブラリOpEnをWindows 10にインストールし、Pythonから使えるようにする。

導入手順は以下の通り。

  1. opengenをインストール
  2. GitHubからOpEnのソースコードをclone
  3. RustでOpEnをビルド

OSはWindows 10 Home Ver. 21H1である。その他の環境は以下の通り。

ソフトウェア バージョン
Rust 1.55.0
Python 3.8.8
opengen 0.6.5
OpEn 0.7.1

opengenのインストール

まず、Rustをインストールしておく必要がある(インストール方法は以下の記事を参照)。
RustをWindows 10にインストールする – Helve Tech Blog

次にopengenをインストールする。opengenはOpEnのPython用インターフェイスである。

> pip install opengen

GitHubからOpEnのソースコードをclone

適当なフォルダで以下を実行し、GitHubからOpEnのソースコードをcloneする。
最後のoptimization-engineはcloneするフォルダ名を指定している。

> git clone https://github.com/alphaville/optimization-engine.git optimization-engine

RustでOpEnをビルド

あらかじめPythonの仮想環境を作る。virtualenvがない場合は以下でインストールする。

> pip install virtualenv

次に仮想環境を作り、有効化する。venvopenは仮想環境の名前である。

> cd optimization-engine\open-codegen
> virtualenv -p python3.8 venvopen
> . venvopen\Scripts\activate.ps1
(venvopen) >

ここではPowerShellを使うことを想定してactivate.ps1とした。仮想環境を有効化すると、>の前に仮想環境の名前が表示される。

以下を実行して、仮想環境内でopengenをセットアップする。

(venvopen) > python setup.py install

最後にoptimization-engineフォルダ直下で以下を実行し、OpEnをインストールする。
cargoはRustのビルドシステム(兼パッケージマネージャ)である。

> cargo build

仮想環境を終了する場合は、deactivateを実行する。

(venvopen) > deactivate
>

参考

OpEn Installation · OpEn

シェアする

Helve
WRITTEN BY
Helve
関西在住、電機メーカ勤務のエンジニア。Twitterで新着記事を配信中です

サイト内検索