JavaScriptを有効にしてください

Rust製最適化ライブラリOpEnのインストール

 ·   ·   2 min read

はじめに

Rust製の最適化ライブラリOpEnをWindows 10にインストールし、Pythonから使えるようにする。

導入手順は以下の通り。

  1. opengenをインストール
  2. GitHubからOpEnのソースコードをclone
  3. RustでOpEnをビルド

OSはWindows 10 Home Ver. 21H1である。その他の環境は以下の通り。

ソフトウェア バージョン
Rust 1.55.0
Python 3.8.8
opengen 0.6.9
OpEn 0.7.1

2022/01/30追記 opengen v0.6.8以前ではPythonからOpEnを実行するとエラーが発生します。
最適制御向け最適化ライブラリOpEnのRust build of TCP interface failedエラーについて – Helve Tech Blog

opengenのインストール

まず、Rustをインストールしておく必要がある(インストール方法は以下の記事を参照)。
RustをWindows 10にインストールする – Helve Tech Blog

次にopengenをインストールする。opengenはOpEnのPython用インターフェイスである。

> pip install opengen

GitHubからOpEnのソースコードをclone

適当なフォルダで以下を実行し、GitHubからOpEnのソースコードをcloneする。
最後のoptimization-engineはcloneするフォルダ名を指定している。

> git clone https://github.com/alphaville/optimization-engine.git optimization-engine

RustでOpEnをビルド

あらかじめPythonの仮想環境を作る。virtualenvがない場合は以下でインストールする。

> pip install virtualenv

次に仮想環境を作り、有効化する。venvopenは仮想環境の名前である。

> cd optimization-engine\open-codegen
> virtualenv -p python3.8 venvopen
> . venvopen\Scripts\activate.ps1
(venvopen) >

ここではPowerShellを使うことを想定してactivate.ps1とした。仮想環境を有効化すると、>の前に仮想環境の名前が表示される。

以下を実行して、仮想環境内でopengenをセットアップする。

(venvopen) > python setup.py install

最後にoptimization-engineフォルダ直下で以下を実行し、OpEnをインストールする。
cargoはRustのビルドシステム(兼パッケージマネージャ)である。

> cargo build

仮想環境を終了する場合は、deactivateを実行する。

(venvopen) > deactivate
>

参考

OpEn Installation · OpEn

シェアする

Helve
WRITTEN BY
Helve
関西在住、電機メーカ勤務のエンジニア。Twitterで新着記事を配信中です

サイト内検索